酒フーズ健康保険組合

酒フーズ健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

酒フーズ健康保険組合加入のご案内

組合の概要

令和4年4月1日現在
設立年月日 昭和29年10月1日
加入業種
  1. 酒類・醤油の卸売及び製造を業とする事業所
  2. 調味料・食用油脂及び嗜好飲料・清涼飲料の製造卸売を業とする事業所
  3. 1.または2.の関連容器具の回収・販売を業とする事業所
  4. 当組合加入事業所との間で、連結財務諸表に基づく「親会社」、「子会社」または「関連会社」(それぞれ異業種でも加入は可能)
事業所の所在地 全国に所在する事業所
加入事業所 469事業所
被保険者数 52,420名
被扶養者数 34,696名
保険料率 一般保険料率 1000分の97
介護保険料率 1000分の17.4

加入要件

  1. 業態が上記表の「加入業種」に当てはまること
  2. 被保険者数が50名以上
  3. 加入予定者の平均標準報酬月額が34万円以上
  4. 加入予定者の平均年間賞与額が94万円以上
  5. 加入予定者の平均年齢が40歳以下
  6. 扶養率が0.7人以下
  7. 全国健康保険協会(協会けんぽ)に3年以上加入
  8. 直近1年間に社会保険料等の滞納や納入遅延がないこと

当健康保険組合にはこんなメリットが

保険料負担が軽くなります

当健康保険組合と協会けんぽを比較しますと、給与と賞与から保険料徴収が行われますので、保険料率が低い分、事業主・被保険者の負担が軽くなります。
当健康保険組合に加入された場合の「節約できる保険料額表」をご覧ください。

健保組合独自の給付が受けられます

健康保険では、被保険者とその家族の病気やケガなどに対し、法律で定められた法定給付が行われますが、当健康保険組合では、法定給付にプラスして独自の付加給付を行っています。
詳しくは当健康保険組合独自の「付加給付」をご覧ください。

保健事業が充実しています

当健康保険組合では、被保険者とその家族に対し、健康の保持・増進、疾病予防等を積極的に実施しています。
保健事業としては、健診・人間ドックなどの疾病予防事業、軟式野球大会、テニス講習会、けんぽウオーキングなどの体育奨励事業、組合独自の機関紙の発行、広報誌の配布などの保健指導宣伝事業を行っています。
詳しくは当健康保険組合独自の「保健事業一覧」をご覧ください。

節約できる保険料額表

保険料率

  当健康保険組合 協会けんぽ(全国平均)
一般保険料率 97/1000 100/1000
介護保険料率 17.4/1000 16.4/1000

当健康保険組合に加入された場合、節約できる保険料額

例:標準報酬月額340,000円、標準賞与額470,000円(賞与は年2回支給)の場合
    当健康保険組合 協会けんぽ(全国平均)
給与 一般保険料 340,000円×97/1000=32,980円
32,980円×12ヵ月=395,760円
340,000円×100/1000=34,000円
34,000円×12ヵ月=408,000円
介護保険料 340,000円×17.4/1000=5,916円
5,916円×12ヵ月=70,992円

340,000円×16.4/1000=5,576円

5,576円×12ヵ月=66,912円

賞与 一般保険料 470,000円×97/1000=45,590円
45,590円×2回=91,180円
470,000円×100/1000=47,000円
47,000円×2回=94,000円
介護保険料 470,000円×17.4/1000=8,178円
8,178円×2回=16,356円
470,000円×16.40/1000=7,708円
7,708円×2回=15,416円
年間合計 574,288円 584,328円

当健康保険組合独自の付加給付

本人(被保険者)
病気やケガをしたとき 一部負担還元金
合算高額療養費付加金
訪問看護療養費付加金
出産をしたとき 出産育児一時金付加金
1児につき26,000円
死亡したとき 埋葬料付加金
10,000円
家族(被扶養者)
病気やケガをしたとき 家族療養費付加金
合算高額療養費付加金
家族訪問看護療養費付加金
出産をしたとき 家族出産育児一時金付加金
1児につき16,000円
死亡したとき 家族埋葬料付加金
10,000円

当健康保険組合の保健事業

ページ先頭へ戻る